ブログ

“楢葉町から福島の未来を考える“シンポジウム 開催のお知らせ

“楢葉町から福島の未来を考える“シンポジウム
農業再興と新事業創出、観光DXを通して、アフターコロナの地域創生を考える

一般社団法人ふくしまチャレンジはじめっぺは「福島の未来を共に創る仲間が出会い「コト」を起こすコミュニティプラットフォーム」として、2013年より「ふくしま復興塾(現 ふくしま復興・創生塾)」を開始しました。開始以降、福島復興を担う若手人材・起業家型人材を数多く輩出してきました。
これまで塾生は150名を超え、卒塾した人材は現在、福島県内、双葉郡内の各地において活躍し中核的な存在として地域に貢献・定着しています。

コロナ禍による地域経済の停滞が続く中においても、楢葉町および双葉郡の復興に向けた着実な歩みを進めるべく、また関係人口の創出を図るとともに地域の移住・定住を促進する上でも、内外の多様な企業や若者との連携・交流・情報発信の場が欠かせません。
このコロナ禍でリモートワーク、ワーケーションなどの拡大をふまえ、楢葉と東京・全国をつなぎ・発信することで、多様な企業連携・人材交流・産業振興・情報発信のきっかけとなるシンポジウムを開催します。

<日時>

2022年7月1日(金) 16:00~18:00(予定)(15:30開場)

<会場>

[メイン会場]楢葉町天神岬スポーツ公園(福島県双葉郡楢葉町北田天神原27-29)
[サテライト会場]クラフトビレッジ西小山(東京都目黒区原町1-7-8)

<受付締切>

6月29日(水)まで(参加費無料)

<定員>

現地参加 定員40名(先着順)
サテライト会場参加 定員30名(先着順)
ZOOM参加* 定員200名
*ZOOM参加の場合はQ&A機能でのご質問が可能です
(時間の都合により頂いた内容にお答えできない場合もございます)

<内容>

パネルディスカッション
「農業再興と新事業創出、観光DXを通して、アフターコロナの地域創生を考える」

<登壇者(予定)※50音順>

井上 慎也 氏(とかち井上農場 農場主)
佐藤 博志 氏(ジョルダン㈱ 取締役執行役員)
下花 剛一 氏(㈱ジョルテ 代表取締役社長)
平松 庚三 氏(小僧com㈱取締役会長、元 ライブドア㈱/弥生㈱ 代表取締役)
松永 浩行 氏((独)都市再生機構 東日本都市再生本部 副本部長)
光成 和真 氏(ソニーマーケティング㈱)

<お申込み (申込先 E-mail:sympo@fukushima-challenge.org)>

現地参加/ZOOM参加、いずれも事前申込が必要です。
申込フォーム、またはメールのいずれかの方法で、以下①~⑥までの項目を参加者ごとにお知らせの上、
お申込みください(ZOOM参加の方にはZOOMウェビナー招待メールをお送りします)
①参加形式(現地・ZOOM) ②氏名 ③所属 ④役職 ⑤電話番号 ⑥E-mail

【お申込みにあたっての注意事項】

健康状態などについて以下に該当する方の現地参加お申込みはご遠慮ください
・7月1日からさかのぼって2週間以内に新型コロナウイルスに感染された方
・7月1日からさかのぼって2週間以内に新型コロナウイルスに感染者と接触し濃厚接触者とされた方
・発熱(37.5℃以上)や熱、のどの痛みなどの風邪の症状がある方
・息苦しさ、強いだるさ、味覚や嗅覚への違和感などがある方
・海外から帰国して2週間以内の方
・緊急事態宣言が発令中の都道府県から来訪された方
・当日受付での検温とマスク着用、距離を保った着席へのご協力をお願いします

主催:一般社団法人ふくしまチャレンジはじめっぺ
共催:楢葉町、一般社団法人ならはみらい、株式会社ピーエイ
後援:福島県、公益社団法人福島相双復興推進機構

2022.06.09

(comments disabled)