【11期】 心理カウンセラー 関根えり子さん

 

ー入塾のきっかけを教えてください。

ラジオパーソナリティとして、地域で活躍していらっしゃる方にインタビューをさせていただいたとき「ふくしま創生塾」の卒塾生が多く、以前から気になっていました。

仕事との兼ね合いで何年間かはきっかけを逃していましたが、卒塾生の方々や発起人の木幡仁一先生に背中を押していただき、チャレンジしてみようと入塾しました。

ーふくしま創生塾では、どんなプランを立てたのでしょうか?

コミュニケーションスキルとメンタルヘルスの知識を高め、幸福度を上げる「Well-beingふくしま」というプランを提案しました。

Well-being」とは、だれもが心身共に健康で、やりたいことができる状態のことです。メンタルの不調を未然に防ぎ、コミュニケーションの質を上げるための研修を企業研修に取り入れていただくことで、従業員満足度と顧客満足度を上げるというプランです。

ーふくしま創生塾に入って良かったと思うことはどんなところですか?

とにかく鍛えられました(笑)

言語化することや視覚化することなど、一人ではできない部分をひたすらメンターさんにお付き合いいただき、フィードバックをもらえたことは、とても貴重で、この塾に入らなかったらできなかった経験です。また、そんな中でできた同期生や先輩方、メンターさんとの繋がりは私の中でとても心強いものになっています。

ー大変だったことはありましたか?

自分が本当にやりたいことは何なのか?プランを立てて、どう表現するか?を具現化していく作業は本当に大変でした。

発表資料の制作は、終わる気がしなくて泣きそうになり、卒業生である事務局のお二人にSOSを出してサポートしていただいきました(笑)とても感謝しています。この経験で私は「人を頼る」ということも学ばせていただきました。

ー最後にこれから入塾する人、入塾を考えている人にメッセージをお願いします。

人は晩年「やったことより、やらなかったことを後悔する」そうです。

何かやりたい、けれどどうしたらいいのかわからないと思っている方は、飛び込んでみてください。きっと、想像以上の貴重な体験が得られ、それまでいた世界と違う世界が広がると思います。