【11期】 江崎慶一さん

 

ー入塾のきっかけを教えてください。

私は福島に関わるうちにどんどんまちを好きになり、2022年9月に東京の目白から双葉町に移住しました。しかし移住当初は、知り合いも頼れる人もいなく孤軍奮闘。同志、アミーゴ(スペイン語で友達)を作りたいと思い、入塾をしました!

ーふくしま創生塾では、どんなプランを立てたのでしょうか?

南米ペルーで生まれ、海外での勤務経験を多く持つ自分のバックボーンを活かし、テクノロジーと海外をつなげ、福島を活性化するプランを立てました。

ーふくしま創生塾に入って良かったと思うことはどんなところですか?

多くの繋がりが持てたことです!

ー逆に、大変だったことはありましたか?

最終発表会です。

何度もプランを練り直し、最後まで発表内容をまとめることができずとても苦労しましたが、今となってはよい経験で自分の想いを伝えることの大切さを学びました!

ー最後にこれから入塾する人、入塾を考えている人にメッセージをお願いします。

人は一人では生きていけません。支え合い、助け合える、そんな同志をを求めている方にふくしま創生塾はぴったりだと思います。

私は、最終発表会で自信を無くしてしまったのですが、同期に声を掛けてもらったり、メンターさんには東京の実家にまで来ていただきコーヒー店で3時間も相談に乗っていただきました。また、有識者の方にプロジェクトの相談に乗っていただくこともあり、たくさんの方に支えてもらいました。私の創生塾はまだはじまったばかり、これからがスタートです!

Whnerver there is a clear will, wherever there ia a clear way!