ブログ

ふくしま復興塾第2期が、5月17日よりスタートしました!

第2期は、起業家・大手企業の社員・行政職員・学生の多様な若者20名が集まりました。
今期も、福島にゆかりのある起業家や自治体職員を講師に講義やフィールドワークを実施していきます。

▼ 初回は「スタートアップ合宿」として、5月17日・18日の2日間で開催。

5月17日の開講式では、主催者である福島大学うつくしまふくしま未来支援センターの挨拶と
発起人の木幡仁一税理士事務所代表取締役税理士 木幡仁一の挨拶に加え、
今年度もご支援いただくキリン株式会社の執行役員である栗原邦夫CSV推進部長よりご挨拶を賜りました。

主催者挨拶(センター)
(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 千明精一)

主催者挨拶(発起人)
(木幡仁一税理士事務所代表取締役税理士 木幡仁一)

来賓挨拶(栗原様)
(キリン株式会社 執行役員CSV推進部長 栗原邦夫様)

その後、塾生とサポートをしてくださるメンターや講師の方々から一人ひとり自己紹介をいただきました。
第2期は塾生へのサポートとして、有限責任監査法人トーマツの方々にご協力をいただいております。 
有限責任監査法人トーマツ 復興支援室パートナーの森川祐亨様からご挨拶いただきました。

自己紹介(トーマツ様)
(有限責任監査法人トーマツ 復興支援室パートナーの森川祐亨様とみなさま)

次に、塾生がふくしま復興塾で立案したいアイディアやプランについてチーム内で発表し合いました。
想いの共有

開講式の最後には、第1期生の活動報告として、
「夜明け市場を中心とした食の循環モデルづくりプロジェクト」を立案した松本丈さん、
「福島県高齢者の健康づくりと地域コミュニティの再生プロジェクト~目指せ!健康長寿!~」
を立案した増子理子さん・小抜勝洋さんに発表していただきました。
第1期生の発表により、第2期の塾生のみなさんは、どんな事業を立案していけばよいのか
具体的にイメージできたようでした。

▼ 合宿2日目の5月18日は、講師2人による講義。

まず始めに、株式会社umari コンセプターの木戸寛孝様より、
「4年目を迎えた今、復興に求められる新たな手法と世界観~イノベーションとは何か~」という
テーマで講義をしていただきました。

2日目講義(木戸氏)
(株式会社umari コンセプター 木戸寛孝様)

「イノベーションを起こしていくためには様々な要因が必要。
 しかし、その最も根っこにあるのは『自分の思考回路』そのものである」
ということを学び、そこに変化をおこしていく可能性について考えていきました。
2日目講義様子

その後、株式会社イワ・クリエイティブ代表取締役の松田創様を講師に、
クリエイティブシンキングワークショップの講義・実践を行いました。

2日目講義(松田氏)
(株式会社イワ・クリエイティブ代表取締役 松田創様)

松田様からは、「創造的思考カ回路」の考え方についてお話いただき、「社会的責任」と「経済的利益」
というテーマからイノベーション(アクションプラン)をチーム毎に考えていきました。

2日目ワーク

塾生からは、
 ●普段私自身が意識していないような部分や課題を自覚できた
 ●必死に考えて事業プランを練っていきたい
というような声を聞き、塾生同士で想いを共有できたと同時に、塾生が自分自身の課題に気づき、
事業立案に向けて、さらに気持ちを高めることができた2日間となりました。

今後が、楽しみです!

集合写真2

ふくしま復興塾では、3月6日から、
インターネット上で生放送の授業を受講できるサイトを運営している株式会社スクー様の
プラットフォームを利用し、ふくしま復興塾の講師や第1期生による
「オンラインで震災を改めて考える授業」を5週連続で行いました。

※スクーは、生放送授業を無料で受講できるサービスです。
さまざまなジャンル・業界の第一線で活躍する方々に「先生」として登壇いただき、
オンライン上でコミュニケーションをとりながら、授業を楽しむことができます。
 http://schoo.jp/about
schoo

第1回目(3月6日)は、
「震災から3年。みんなで福島の今、そして未来に向き合おう」をテーマに、
ふくしま復興塾事務局長の丹波史紀が、大きな視点で見た福島における現状と課題、
震災以降福島で起こっている新しい動き・プロジェクトについてお話しました。

 ●授業ページ: http://schoo.jp/class/521
IMG_3442

そして第2回目からは、第1期生が、授業の「先生」となってお話しました。

第2回目(3月14日)は、
「次世代リーダーが伝える福島の現状」をテーマに
株式会社プレイノベーション代表取締役の菅家元志さん(写真・左)にお話いただきました。
菅家さんは、ふくしま復興塾で「からだあそび塾」を立案。
震災による子どもの運動能力低下や体重増加の影響や現状をお話いただき、
福島の子どもが今おかれているような外遊びやスポーツをする機会が減っている問題は、
福島だけの問題なのかを提起し、子どもを守る環境について受講生とともに考えていきました。

 ●授業ページ: http://schoo.jp/class/523
Schoo_kanke

第3回目(3月21日)は、
「福島に学ぶ、地域特性を活かしたコミュニティ作り」をテーマに、
郡山医療生活協同組合 組織部の小抜勝洋さんにお話いただきました。
小抜さんは、「福島県高齢者の健康づくりと地域コミュニティの再生プロジェクト」を立案。
いまもなお震災・原発事故によって避難を余儀なくされている高齢者の方々の現状をお話いただき、
高齢者のコミュニティと健康を守っていくためには、どうすることが必要かを考えていきました。

 ●授業ページ: http://schoo.jp/class/524
Schoo_onuki

第4回目(3月28日)は、
福島に学ぶ、地方スタートアップの現状とこれから-食(前編)-をテーマに、
株式会社夜明け市場 取締役・事務局長の松本丈さんにお話いただきました。
松本さんは、「夜明け市場を基点とした福島の食の循環づくり」を立案。
原発事故による風評被害で大きなダメージを受けている福島の“食”の現状をお話いただき、
消費者に無理なく興味を持ってもらい継続的消費に結びつける仕掛けづくりについて考えていきました。

 ●授業ページ: http://schoo.jp/class/525
Schoo_matsumoto

そして、最終回の第5回目(4月4日)は、
福島に学ぶ、地方スタートアップの現状とこれから-食(後編)-をテーマに、
株式会社concept-village 代表取締役の馬場大地さんにお話いただきました。
馬場さんは、「福島に“つながる”弁当」プロジェクトを立案。
消費者と福島の農業現場をつなげる第一弾のお弁当販売から見えた課題と発見をお話いただき、
福島の新しい食のブランディングに向けて、どのようにして消費者を巻き込んでいくかを考えていきました。

 ●授業ページ: http://schoo.jp/class/526
IMG_8154

・・・見逃した!
という方は、いずれの授業も、授業資料と授業録画をWebで見ることができますので、
各授業ページURLの「教室に入る」ボタンを押していただき、ぜひご視聴ください。
 ※第3回以降については、現在録画配信準備中のためご覧になれません(2014年4月7日現在)。
  ご迷惑をおかけしますが、しばらく日にちが経ってからお願いいたします。

※今回、この授業を行うにあたり、下記の企業・団体にご協力をいただきました。
  ● 慶應進学塾様(東日本教育支援group)
  ● NPO法人コースター様
 場所をお借りいたしました。ありがとうございました。

ふくしま復興塾では、第2期生を募集しています。

第2期も、塾終了後に地域の課題解決に向けたアクションを起こすことをめざし、
福島の課題解決プロジェクトを立案していきます。

ふくしま復興塾は、
福島の復興に想いを持ち、第一線で活躍するメンター陣の強力なサポートがあること、
福島の課題に対して本気で向き合う仲間と切磋琢磨できることが大きな魅力です。

さらに第2期では、2つ特徴があります。
1.2つのコース
 事業プランを立案していく「民間領域コース」、
 政策の立案をしていく「公共領域コース」をつくり、
 塾生がそれぞれが持つ問題意識やテーマに対して、より深めていきます

2.講義外での定期的なメンタリングサポート
 復興塾の講師や卒業生、有限責任監査法人トーマツ様をむかえ、
 講義外でも、討論しながらプランを磨いていきます。

歴史的な転換点を迎えているこの福島から、
新しいアクションを生み出し、福島復興に向けてともに歩んでいきましょう!

▼第2期募集要項はこちらから
 http://fukushima-fj.com/bosyuu

▼第2期生応募フォームはこちらから
 http://fukushima-fj.com/entry02

応募締切:2014年4月7日(月)24:00まで

ご応募お待ちしております!

▼第1期でのウクライナフィールドワーク
ukuraina

第2期生募集にあたって、3月10日から入塾説明会を実施しました。
福島県内で5会場に加え、東京・仙台と県外も合わせ全9回実施し、
多数の方にお越しいただきました。ありがとうございました。

前年度の実績として、第1期生の塾生には立案したプロジェクトや復興塾で学んだこと等
を発表していただき、塾生と参加者同士で意見交換をし、盛り上がる場となりました。

IMG_0026

説明会参加者からは、
 ●多くの1期生からコメントをいただき、復興塾のイメージが掴めた
 ●福島県の新たな復興に動きがあることに感動した
 ●志がある方とつながれることを楽しみにしている
 ●福島が好きなメンバーと出会い、一緒に福島を盛り上げたい
 ●フィールドワークで現地を見るのは現状を受け止めるために必要なことだと思った
 ●非常に期待している。ネットワークが素晴らしい
という声をいただきました(アンケートよりコメント抜粋)。

▼ 郡山会場で発表していただいた馬場大治さん
 (「福島に”つながる”弁当」プロジェクトを立案)
IMG_3036

大手企業の社員・行政職員・NPO職員・学生の多様な方々にお集まりいただき、
ありがとうございました。

▼第2期募集要項はこちらから
 http://fukushima-fj.com/bosyuu

▼第2期生応募フォームはこちらから
 http://fukushima-fj.com/entry02

【 応募締切 】 2014年4月7日(月)24:00まで

ご応募お待ちしております。

こんにちは。事務局の吉田です。
第1回ふくしま復興塾の塾生による最終発表会が2013年12月14日に執り行われました。

5月に開講してから約8ヵ月間、
塾生は福島県内各地を巡り、その問題や現状にふれ、様々な人々を巻き込みながら討議を重ねてきました。

5月には浪江町へのフィールドワーク、8月にはウクライナへのフィールドワークを実施し、
県内外から駆け付けた講師や発起人の指導の下、福島を自分事化し、社会課題の解決、事業の創造について知見を深める努力を重ねてきました。

昨日の発表会では、発表プロジェクトの中から優れたものに「ふくしま復興塾グランプリ」と協力企業であるキリンビール株式会社から「KIRIN賞」が贈られました。

【第1回ふくしま復興塾グランプリ】
夜明け市場チーム
『夜明け市場を中心とした食の循環モデルづくりプロジェクト』

~解説~
被災した飲食店を支援しようと、いわき駅前につくられた復興飲食街「夜明け市場」をプラットフォームとし、地域の生産者とのつながり形成や、食に関するプロジェクト立案を行うというプロジェクトです。

【KIRIN賞】
コミュニティチーム@復興塾
『福島県高齢者の健康づくりと地域コミュニティの再生~目指せ!健康長寿!~』

~解説~
高齢者のなかで問題となっている、メタボリックシンドローム・ロコモティブシンドローム(身体運動機能の低下等)・認知症の連鎖を断ち切ることを狙いとし、「ワンデイシェフ」を提案したプロジェクトです。「ワンデイシェフ」とは病院内で、利用者・栄養士・事務局でのコミュニティを形成し、健康化を目指したプログラムを混ぜつつ献立を考案・販売していくというものです。

2013年度のプログラムはこれにて終了となります。しかし、塾生にとってはこれがスタートです。
今後も、ふくしま復興塾の塾生に暖かいご声援をいただければ幸いです!

11月16日(土)に行われた、塾内でのプラン発表会について報告します。
この塾内プラン発表会では全チームのプランが発表され、発起人・講師・メンター・塾生による投票の結果で、12月14日の最終発表会に登壇する発表者を決定します。

今回発表が行われたのは、12組のグループ・個人の事業プランです。
ここでは、そのうちの1組をピックアップしてお伝えしていきます!

事業の主軸は、『課題体感型お弁当』
福島の社会課題や、生産者の紹介、そして福島県産の食品を使ってそのおいしさをPRするという狙いを持ったお弁当を開発しました。

お弁当のパッケージに工夫をこらし、生産者の情報や、課題について食べ手に知ってもらえるようになっています。

CIMG1365

これは、塾生自身が福島県内の農家へ何度もヒアリングに行ったことや、ウクライナフィールドワークを通して感じた福島の課題の大きさなどが問題意識の原点となっています。

どのようなマーケティングを行っていくかも注目ですね!

このお弁当、12月上旬の発売を予定しています。
最終発表会でも食べられるかも!?

そんな2013年度ふくしま復興塾最終発表会は、12月14日(土)13:00~16:50。郡山市のビッグアイにて開催されます。
一般の方も参加できるオープンなイベントになっておりますので、ぜひ足をお運びください!

最終発表会の詳細はこちら

ふくしま復興塾では、12月14日(土)に郡山市にて、最終発表会の開催が決定しました!

今年度の復興塾では、福島在住者だけでなく、福島の復興に強い関心を持つ県外の在住者も合わせた約25人で学んできました。
8月には、ウクライナ・チェルノブイリ原発への現地フィールドワークを行い、福島の歴史的な文脈について学んできました。また、9月以降、多くの塾生が学業や本業がある中で、週末や仕事帰りの時間を利用して福島復興のプロジェクト立案に真剣に取り組んできました。

今回発表するプロジェクトは、こうした1年近くにわたる塾生たちの努力の成果です。今年度のふくしま復興塾終了後には、自分たちで事業を立ち上げるなど、具体的に復興の取り組みを進めて行きます。

こうした塾生たちの成果について、ぜひ当日お越しいただき、福島復興を担う塾生のプランをお聞きいただけますと幸いです。

…………………………………………………………………

主催:
ふくしま復興塾実行委員会
(事務局:福島大学うつくしまふくしま未来支援センター)

後援:
・復興庁(申請中)
・福島県(申請中)
・福島市(申請中)
・郡山市
・いわき市(申請中)
・会津若松市(申請中)

開催日時:
12月14日(土)13:00~17:00(12:00開場)

開催場所:
郡山市市民交流プラザ大会議室
(福島県郡山市駅前2-11-1ビッグアイ7階)

対象:
・福島の復興に関心のある方
・福島復興を担う若者を応援していただける方
・ふくしま復興塾に関心をお持ちの方

参加費:
無料

プログラム予定:
13:00-13:35 主催者・来賓挨拶
13:35-15:25 プロジェクト発表
15:25-15:40 講評
15:55-16:40 意見交換会・ポスターセッション
16:40-17:00 クロージング

お申込み方法
登録フォームよりお申し込みください。

お問合せ先
ふくしま復興塾実行委員会 事務局
TEL 070-5478-7881(直通) /024-504-2865
FAX 024-504-2865
info@fukushima-fj.com
担当:佐藤

発表内容について
「食の風評被害の打開策」、「避難者や高齢者のコミュニティ作り」、「非常時でも活躍できる公務員の育成」等をテーマにプロジェクトを発表いたします。

こんにちは!事務局スタッフの吉田です。
最近の福島は随分と秋めいてきて寒くなってきました。

さて、10月19日(土)に行われた第10回講義は「事業計画と予算」についてです。
講師は、本塾発起人で税理士として活躍されている木幡仁一さんです。

「今日は数字で物事を考える頭にしていきましょう。」ということで、財務のキホンのキから始まり、売掛金や売上債権回転日数など、ビジネスの上で必要なお話もいただきました。

木幡さんのあたたかい雰囲気のおかげか、難しい話をしているのに和やかな雰囲気で講義が進みます。
DSCN0412

ワークとして、自分たちのプロジェクトにかかる予算項目を相談しながら出してみます。
DSCN0427

さて!次回講義は11月2日(土)に行われます。講師は、株式会社ピーエイの加藤博敏さん、福島県庁の玉川啓さんにお越しいただき、ビジネス・行政のそれぞれの観点からプロジェクトの進め方についてお話ししていただきます。

こんにちは。事務局の吉田です。
ブログの更新が途絶えてしまいましたが、また今回からしっかりと更新していきたいと思っています。

9月21日(土)の第8回講義では、事業立案のための講義でした。今回の講師は、(株)イワ・クリテイティブの松田 創 氏です。松田さんは、普段は大企業から個人事業まで幅広く新規事業立案のコンサルティングをされている傍ら、国際NGOでの活動もされている方です。

今回の講義のプログラムは、以下のような内容で実施されました。
・新しい「価値創造」に向けて
・ビジネスモデルデザインについて
・事業企画書について
・受講生による各自の企画案プレゼンテーション
・福島県内で起こされたビジネスモデルのケーススタディ

==
松田氏の講義の始まりです。

DSC_0030

特にイノベーションの定義や位置づけについてシュンペーター等の定義を用いて解説されました。また、私たち受講生は福島で時代の要請に答える立場にいるという認識が受講生に広まりました。たとえるなら、幕末でいう黒船の到来が現在起こっている。というお話がありました。
こういった時代の変化が顕在化した今、ふくしま復興塾の塾生が立ち上がる価値が大いにあるのだと思いました。

続いて、宿題として出ていた事業モデル作成シートについて解説をいただいた後、塾生各自が持ち寄ったアイデア構想の発表会が始まります。

個人的には、どのアイデアも可能性にあふれているものだと思います。ですが、まだまだ福島で行う意義性や、本当に事業として成り立つのかという継続性、ターゲットを喜ばせる価値が創出できるのか等々、様々な指摘とフィードバックが行われました。

次回講義までに、塾生各自が自身のアイデアに確証を持たせるべく、ヒアリングや他事例の調査等をすることが宿題となりました。

今回の講義を受けた塾生の反応はさまざまありましたが、「復興塾へのやる気が300倍になった!」と意気込む方も。頑張っていきたいですね!

次回講義は10月5日の予定です。各自のアイデアが、どのように磨かれてくるかが楽しみでもありつつ、自分の出したアイデアをどう磨いていこうかとても悩ましい吉田でした。

こんにちは。7月から本復興塾の事務局メンバーとなった、吉田です。7月20日(土)に開催した第五回の講義について紹介します。

今回の復興塾では、各チームが事前行ってきたインタビューやアンケート調査をもとに、デザイン思考を用いて実際に事業のプランを練ってみるという作業をしました。

いわきのなめこ農家にインタビューをしてきた、「食チーム」

 

デザイン思考を用いてワークをした結果、「なめこ男子」というPRコンセプトができました。

2013-07-20 15.48.07

 

福島の女子高校生にインタビューをしてきた「こどもチーム」は・・・

 

将来の目標に対する自信とモチベーションを獲得するための、「高校生を褒めた倒すロールプレイング」のプランができました!

2013-07-20 14.19.31

 

今回のワークは、インサイトという、潜在的なニーズの発見というのが一つのキーポイントとなっていました。

 

会津で事業を行っている事務局メンバー谷津を対象にインサイトの獲得を図った「産業チーム」は、

2013-07-20 10.29.24

会津に雇用を生み出すことをインサイトと仮定義し、芸能人を呼び込むための「シェアハウス」という計画を考えました。

 

最後は、「コミュニティチーム」ですが、浪江から避難してきてみなし仮設住宅在住のおばあさんを対象に、インサイト獲得を図りました。その結果生まれたのが、おばあさんの役割・仕事とコミュニティを生み出すことを狙いとした、農作業場の提供と、産直をイメージした販売所のプランでした。

2013-07-20 14.12.09

 

2013-07-20 15.12.30

もちろん、この一回でゴールに到達するではありませんが、実際にデザイン思考のフレームワークを一通りやってみて、塾生のみなさんも何か感触を得られたようでした!

 

さて、次回からはいよいよウクライナ視察ツアーへ向けたフェーズに入っていきます。

講義の合間を縫って各地で宿題のワークを行う塾生の方々はプロジェクトの進展も早く、今後が楽しみです。

そんなふくしま復興塾のウクライナフェーズもどうぞお楽しみに!

 

また次回ご報告させていただきます。

ページTOPへ